治療時の痛みを抑える

HOME > 一般診療 > 治療時の痛みを抑える

治療の痛みを抑える工夫

当院は痛みに配慮した治療を心がけています

前向きな気持ちで治療に臨んでいただくために

歯科治療は痛い、怖いというイメージがあるゆえに、治療を躊躇し、しばらく歯科に行けていないという方は少なくありません。 治療に対してネガティブなイメージが先行して、病巣を放置してしまうと症状は悪化する一方です。

そういった方々に、少しでも治療に対して前向きになっていただくためにも、当院では痛みを極力少なくする配慮をしています。 歯科治療において、痛みを完全になくす手段は、全身麻酔しかございませんが、それなりにリスクも伴います。

実際に、全身麻酔を希望される患者様はごく稀であり、大半の方は局所麻酔で治療を進めます。 局所麻酔は、意識を失うことなく、局所に麻酔薬を浸透させます。 麻酔注射を打つ前には、表面麻酔を患部に塗ることで、針が皮膚に入る痛みを軽減させますので、ご安心ください。

image

痛みを抑える3つのポイント

image

ポイント1
表面麻酔を効かせる

前述したように、麻酔注射の前には必ず表面麻酔を効かせることで、注射針が刺さる痛みを緩和させます。

ただし、表面麻酔の効果はあくまで表面のみですので、治療の痛みを軽減させるには麻酔注射が必須です。

image

ポイント2
極細の麻酔注射針

表面麻酔だけでなく、麻酔注射の針も極細のものを使用することで、さらに痛みを軽減させます。 当院で使用する針は35ゲージというサイズで、針先はわずか0.23mmほどです。

このサイズの針は、インスリン注射を頻繁に使用する糖尿病の患者さんが、注射の痛みを軽減できるよう開発されたともいわれているほどです。

image

ポイント3
歯科医師の技術

治療に使用する器具だけでなく、麻酔を打つ歯科医師の技術も痛みを抑えるポイントです。 麻酔注射はただ針を刺すだけではなく、痛みを紛らわせる細かいテクニックがいくつかあります。

もちろん一朝一夕で習得できるものではないので、当院の歯科医師は、日々相互実習を重ねています。

麻酔が効きにくいケース

症状や部位によっては麻酔が効きにくい場合があります

image

ケース1
歯肉の炎症

残念ながら麻酔注射は、どのような場合でも100%効果を発揮するとは限りません。 例えば、重度の歯周病などによって歯ぐきが強い炎症を起こしている場合は麻酔が効きにくい可能性があります。 炎症を起こして腫れている歯ぐきは酸性に傾いている状態ですが、麻酔液は酸性下では効果が下がってしまいます。

そのため、まずは抗生物質を投与して炎症を抑え、麻酔注射を効きやすくする必要があります。 炎症が治まることで、歯周組織は中性に傾き、麻酔の効果を得られる状態になります。

image

ケース2
骨に厚みがある下顎

また、麻酔注射は骨の周りの歯肉に針を刺し、歯肉から顎の骨、歯根、最後に神経の順番で徐々に効いていきます。 そのため、骨が厚い下顎は、上顎よりも厚く、硬いため麻酔が浸透しにくい傾向があります。 特に、奥歯の部分の骨は厚みがあるため、麻酔が効きにくい場合が多いです。

麻酔が効きにくい場合は、麻酔液の量を増やしたり、麻酔を打った後に少し時間を置いてから治療を置くなどの方法で対処します。

痛みは最小限に抑えられるよう努めます

些細なことでもお気軽にご相談ください

「過去に麻酔が効かずに辛い思いをした・・」「麻酔注射の針を刺すのが痛い」など、不安に思うことがあればカウンセリング際にご相談ください。 可能な限り患者様の要望に沿った治療をご提案させていただきます。

歯科で怖い思いをして、治療が苦手になった方は少なくありませんので恥ずかしがらず、お気軽にご相談ください。 当院は患者様の痛みに配慮した治療を心がけ、安心して受診していただけるよう努めてまいります。

image

治療の痛みに関するQ&A

治療の痛みについて患者様からよくある質問

Q.無痛治療はできますか?
A.無痛治療とは言葉通り、全く痛みを感じなくするという意味ですが、それを可能にするのは全身麻酔以外には存在しません。 当院で行う表面麻酔、浸潤麻酔(麻酔注射)は、治療の痛みを大幅に軽減させることはできますが、無痛治療とは捉えていません。 なぜなら「痛み」とは主観的なものであり、実際には麻酔がしっかりと効いているのに心理的に痛いと思い込む方もおられます。 そういった患者様達を含めると、完全に痛みをなくすことはできませんが、最大限痛みに配慮した治療は行っております。
Q.痛みをなくしたいので全身麻酔を検討しているのですが・・
A.残念ながら当院では全身麻酔は行っていません。全身麻酔ができるのは病院は限られており、大きな医療機関などでしか受けることができません。もしご希望であれば、対応できる病院をご紹介いたしますが、全身麻酔の使用にはリスクが伴いますので、よほどの事情が無い限りはおすすめできません。
Q.そもそも麻酔注射を刺す時が痛いのですが、なんとかなりませんか?
A.麻酔注射(浸潤麻酔)を打つ前に、表面麻酔を塗って患部を麻痺させますので、針を刺す痛みは緩和されます。
Q.下顎の奥歯は麻酔が効きにくいと聞いたのですが大丈夫でしょうか?
A.仰るとおり、下顎は上顎よりも骨に厚みがあるため、麻酔が効きにくいです。特に下顎の奥歯は麻酔液が浸透しにくいため、麻酔液の量を調節したり、伝達麻酔という手段で神経に直接麻酔を打つ等の処置を行い、麻酔をしっかりと効かせてから治療を進めます。
Q.治療後に痛みを感じるのはなぜですか?
A.治療を終えたのにも関わらず、歯が痛む原因はいくつか考えられます。例えば、虫歯の治療は、虫歯菌に侵された部分を削りますが、その際に生じる振動などによって神経が炎症を起こす場合です。これは、治療の際に麻酔を効かせていても、避けようがないため回復するまで、医院から処方された痛み止めを服用して、痛みが落ち着くまで3日程度(個人差があります)待つしかありません。また、金属の詰め物や被せ物をした場合は、熱が伝わりやすく、飲食の際にしみることがありますが、こちらの場合も同様に対処になります。もしも耐え難い痛みや、2〜3週間ほど経っても痛みが治まらない場合は別の理由である可能性があるため、すぐにご相談ください。
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

京阪楠葉駅ビル内の歯医者
枚方くずはアップル歯科

  • 〒573-1121 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 電車でお越しの方 京阪樟葉駅改札から徒歩30秒。改札前のエスカレーター登ってすぐ。
  • バスでお越しの方 京阪バス くずは駅下徒歩1分 京阪楠葉駅ビル2階へ。
  • お車でお越しの方 府道13号線経由で「楠葉」もしくは「楠葉南」から18号線へ入ってすぐ。
  • お車でお越しの方 駐車場・駐車サービス券のご用意はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2022 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top