小児矯正

HOME > 自由診療 > 小児矯正

マウスピースによるトレーニング矯正

【小児矯正】マウスピースで習癖を改善し、歯並びを整える

お子様の歯並びを悪くする習癖

歯並びが悪くなる原因の一つは「習癖(くせ)」があります。

「両親とも歯並びは悪くないのに、子供の歯並びが悪く見える」「徐々に子供の歯並びが悪くなってきた」という場合は、もしかしたら習癖が原因かもしれません。

頬杖・指しゃぶり・爪噛みなどの他、舌で歯を押す癖があったり、日常的に口呼吸になっているなど、これらの習癖は歯並びに影響を及ぼします。しかし、逆に言うとこれらの習癖を早めに改善することで、正しい方向に育とうとしているお子様の歯が本来の位置に戻り、歯並びの悪化を止め改善に向かうことがあります。

当院では、この習癖を改善し、適切な歯並びへと導くために、トレーニング矯正装置を導入し、お子様の矯正治療に用いています。

トレーニング矯正装置とは

トレーニング矯正装置とは口腔筋を正しく使うトレーニングを行うことで、舌の位置・口呼吸・舌による歯の突き出しなどの悪癖を正し、顎の発育、正常な歯列の発達を促すマウスピース型の矯正装置です。

当院ではこのトレーニング矯正装置を、お子様の習癖の状態・咬み合わせ・キャラクターを確認したい上で、咬合育形成(小児矯正)の一貫として取り扱っています。

お子様の習癖や歯並びが気になるようでしたら、お気軽にご相談にお越しください。

歯並びに悪い習癖

こんな癖、ありませんか

口呼吸

口で息をするために舌の位置が下がり、叢や開咬・上顎前突になる恐れがあります。

指しゃぶり

指を吸う力が前歯に加わるため、上顎前突や開咬になるリスクが高くなります。

頬杖

下顎に力が加わるため、顎の変形や後退の原因となり、顎変形症や下顎前突になります。

爪噛み

前歯に爪を噛む力が加わるため、上顎前突になったり、下顎の前歯が舌側に傾むく原因となります。

舌癖

舌で前歯を押すことで、上顎前突や叢生になったり空隙ができる原因となります。

物を噛む癖

箸や鉛筆・おもちゃなどを噛む癖、おしゃぶりの長期使用は上顎前突や開咬になるリスクを伴います。

トレーニング矯正装置の種類

トレーニング矯正装置は、その習癖やお子様の年齢、咬み合わせに応じて適切な装置をご提案致します。

ムーシールド 反対咬合(下顎前突)用のマウスピース型矯正装置で、3歳ぐらいからの使用が適切な装置です
プレオルソ 指しゃぶりや口呼吸を抑止し、舌のトレーニングにより悪習癖を改善し、歯並びの正常化に働きかけます
マイオブレース 口呼吸や舌の悪習癖を抑制し、顎が本来の大きさ・状態に成長するよう促すためのマウスピース型矯正装置です

トレーニング矯正は歯医者さんで

トレーニング矯正装置の中には、市販で販売されているものもあり、「矯正治療をしなくても市販のトレーニング装置で治るのでは?」と、ご自身で購入したトレーニング装置でお子様の歯並び治療を試みる方もいらっしゃるようです。

しかし、歯並び・咬み合わせの問題というのは歯科医師の中でも難しい問題で、特別な知識がないままうまく歯並びを整えるのは至難の業と言えます。当院でもトレーニング装置をお子様の矯正で使用することはありますが、あくまでそれは習癖改善の一貫として使用するだけで、咬み合わせなどの帳尻をしっかり合わせるには、やはり矯正医の知識が必要となります。

お子様の歯並びが心配で、「習癖が原因かも?」とお考えなら、まずはお気軽にご相談にお越しください。当院では習癖でも遺伝でも、お子様にとって一番良い方法を、親御様と一緒に相談して感が増す。

小児矯正の費用

種類 説明 料金

T4K
シリコン製の筋機能訓練にて歯を並べるマウスピース型小児用矯正装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 440,000円〜(税込)

プレオルソ
ポリウレタン製の筋機能訓練にて歯を並べるマウスピース型小児用矯正装置です。就寝時と、家にいる時間の中で1時間程度使用します。 ※小児矯正治療費に含まれます
小児矯正治療 440,000円〜(税込)

ムーシルド
低年齢児用の反対咬合早期治療のためのマウスピース型矯正装置です。 1装置88,000円(税込)
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

子供の矯正(小児矯正)

顎を育てて歯を並べる歯列育形成

お子様の歯並びについて

乳歯が数本抜けて永久歯が生え始めた頃、「あれ?うちの子ちょっと歯並び悪いかな?」と感じ始めた親御様、よろしければその段階で一度歯並び相談をご利用ください。

お子様の歯並びというのは、乳歯の間は歯が小さく、隙間も空いているため上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)等のわかりやすい不正咬合を除き、歯並びの良し悪しがわからない場合も多いです。しかし、永久歯が生え始めると明らかにおかしな場所から歯が生えてきたり、歯が捻れて生えてくることにより、お子様の不正歯列に気づくことも増えてきます。

歯並びというのは、単に見た目だけではなく、虫歯や歯周病のリスクが上がる・咀嚼力の低下・発音への影響・全身疾患のリスクなど、様々なデメリットがあります。また、思春期になると見た目にコンプレックスを感じ始め、精神衛生上支障を来す場合もあります。

ただし、不正歯列だからといって、必ずしも小児矯正をした方が良いとは限りません。当院では、お子様の歯並びやキャラクターを見た上で、小児矯正が必要かどうかを親御様と相談した上で決めていきます。

小児矯正とは

小児矯正は6歳から12歳までの「混合歯列期」という乳歯と永久歯が入り混じった咬み合わせの際に行なう歯の矯正のことで、一期治療(永久歯が生え揃ってから行う矯正はⅡ期治療)とも呼ばます。この時期は成長や発育に伴い、顎のバランスを整えやすく、歯の生えるスペースを確保しやすいため、このタイミングで矯正を行います。

小児矯正については、した方が良いという歯科医師と、しない方が良いという歯科医師もいて賛否がありますが、当院は「した方が良いお子様」「しなくても良いお子様」と、お子様の状態によって判断するべきものだと考えています。

小児矯正は骨格を変えることのできる数少ない治療で、この時期に将来的な良い咬み合わせを作り、その恩恵を受けられるのであれば、検討するべきだと考えます。

ただし、小児矯正をしても根本的な改善が見られないまま成人矯正に移行することが明らかな場合や、お子様が小児矯正に適さないキャラクターの場合などは、永久歯列の完成まで歯を守ることを優先し、永久歯列になってから矯正を検討するほうが良い場合もあります。

成人矯正と小児矯正の違い

近年では、日本でも歯並びに対する意識がかなり変わってきており、大人になってから矯正する人が増えてきています。

では、歯列矯正は大人になってからか、子供のうちにしておくべきなのか、どちらが良いのでしょうか?

これは個人によって正解は変わってきますが、将来的に片顎14本の歯で咬み合わせを作る場合は、「小児矯正」をすることで抜歯を回避し、その確率を上げてくれます。

というのも、成人してからの矯正は、歯を並べるスペースがないために、歯を抜いてそのスペースを確保することも多い矯正です。一方の小児矯正は「顎を広げて歯が並ぶスペースを成長に乗じて作る」矯正ですので、将来的に矯正で抜歯が必要になる可能性を低く保ってくれます。

つまり、顎を成長に合わせてスペースを広げる小児矯正に対し、抜糸や歯を削るなどでスペースを作るのが成人矯正ということになります。

小児矯正を考えるタイミング

個人差はありますが、乳歯は2〜3歳前後で生え揃います。その後、5〜6歳頃から乳歯が抜け始めて永久歯への生え替わり始まり、おおよそ14歳頃には永久歯列が完成してきます。

乳歯から永久歯への生え変わりには個人差がありますので、「何歳になったら矯正を始める」というのはお子様ごとに異なってきます。そのため、年に数回定期検診をご利用頂くことで、良いと思うタイミングで矯正治療をご提案できます。

もし、これまでお子様が定期検診に通われておられないようでしたら、6〜7歳ぐらい、奥歯がまだぐらつき始める前に一度ご相談にお越しください。

ただし、反対咬合(受け口)の場合はもっと早い段階での治療が良い場合もあります。両親のどちらかが反対咬合の場合は、3歳ぐらいから治療できる場合がありますのでお早めにご相談ください。

不正咬合(悪い歯並び)について

お子様の歯並びがこのような状態ならご相談ください

叢生

(そうせい)

ガタガタ・デコボコの歯並び、八重歯です。歯磨きが難しいため虫歯や歯周病リスクが上がり、見た目も良くありません。

上顎前突

(じょうがくぜんとつ)

上顎の歯が前に突出した、いわゆる「出っ歯」と言われる歯並びです。口が閉じづらかったり、滑舌・発音にも影響します。

下顎前突

(かがくぜんとつ)

下顎の歯が上顎よりも前に突出した「受け口」といわれる咬み合わせです。早め(3歳ぐらい)から治療した方が良い場合もあります。

空隙歯列

(くうげきしれつ)

歯と歯の間の隙間が大きな咬み合わせです。空隙は日本人の10人に1人程度と見られるとされており、見た目や発音の問題を伴います。

開咬

(かいこう)

前歯が噛まず、奥歯のみで噛んでいる咬み合わせです。将来的に奥歯から失う可能性が高い咬み合わせで、成人矯正では難症例となります。

過蓋咬合

(かがくぜんとつ)

咬み合わせが深く、下の歯があまり見えない咬み合わせです。将来的に顎関節症になる可能性が高いともいわれる不正咬合です。

なぜ歯並びは悪くなる?

不正咬合の原因

不正咬合になってしまう理由は、主に2つにわけられます。

先天的な理由
先天的な疾患や生まれ持った骨格・遺伝によるものです。親御様に歯並びや顎の不正はお子様に遺伝します。
後天的な理由
顎の発育障害や習癖(くせ)によるものです。固い物を食べない、頬杖・指しゃぶり・鼻詰まりの他、乳歯の虫歯などが原因となることもあります。

後天的な理由の場合、早期に対応することで矯正を回避できることもあります。ただし、咬み合わせが決まってくると、矯正治療が必要となります。先天的な理由でも後天的な理由でも、不正咬合は歯列矯正によって改善が可能です。ただし、場合によっては外科矯正という、手術によって骨格を変える治療が必要になることもあります。

小児矯正のメリット・デメリット

どんな治療もそうですが、小児矯正にはメリットもあればデメリットもあります。しっかりとカウンセリングを行い、治療計画を立てることでデメリットやリスクを抑えることはできますが、保護者の方が協力できるか、お子様が治療を頑張れるかなど、担当医と相談して治療に臨んで頂ければと思います。

小児矯正のデメリット
  • 顎の発育を促すことができる(骨格の改善)
  • 抜歯矯正のリスクを下げられる
  • 怪我・歯の損傷の予防(出っ歯の改善)
  • 呼吸の改善(鼻呼吸)により風邪や開咬を予防できる
  • 小児期からのコンプレックスの改善
小児矯正のメリット
  • 矯正中は虫歯のリスクが高くなるため充分な歯磨きが必要
  • お子様・親御様の協力が得られなければうまく行かない
  • 歯の根の吸収・歯髄炎などの偶発症のリスクがある
  • 治療中、一時的に歯並びが悪くなったように見える
  • 小児矯正をしても成人矯正が必要になることもある
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

京阪楠葉駅ビル内の歯医者
枚方くずはアップル歯科

  • 〒573-1121 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 電車でお越しの方 京阪樟葉駅改札から徒歩30秒。改札前のエスカレーター登ってすぐ。
  • バスでお越しの方 京阪バス くずは駅下徒歩1分 京阪楠葉駅ビル2階へ。
  • お車でお越しの方 府道13号線経由で「楠葉」もしくは「楠葉南」から18号線へ入ってすぐ。
  • お車でお越しの方 駐車場・駐車サービス券のご用意はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2022 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top