フルマウス治療(全顎治療)

HOME > 自由診療 > フルマウス治療(全顎治療)

歯がぼろぼろになってしまった方へ

歯がボロボロで歯医者に行けない方へ

歯医者に行けなくなった原因

同じようなお悩みの方が多くご相談に来られます。

  • 歯医者(歯科医師)が怖い
  • 説明なく治療された
  • 小さい頃に歯医者で怒られたのがトラウマ
  • 忙しくて通う時間がない
  • ボロボロで見せるのが恥ずかしい

お口の中がどんな状態でも怒ることはありません。どんな治療が必要なのかしっかりと説明し患者様と一緒に治療計画を立てていきますので、説明なく治療を進めることもありません。歯がボロボロでもそれを今より良くするのが私たちの仕事ですので、恥ずかしいと思っていても勇気を出してご相談だけでもお越しいただければと思います。

虫歯や歯周病は進行性のため、そのままにしておくとどんどん悪くなっていきます。放っておいて状態が悪くなればなるほど、治療期間や必要な費用も増えいきます。歯医者に足を踏み出せない理由が様々あるとは思いますが、できるだけ早く歯医者にお越しいただき健康的な歯を一緒に目指していきましょう。

※1)本研究結果から、口腔の健康状態の中では特に残存歯数が、歯科保健サービスの中では特に予防目的の歯科医療機関の受診が、歯科医療費および医療費と関連することが示唆された。

当院のご相談・治療(痛み)に対する配慮

コミュニケーション

歯医者への恐怖心や不安感は歯科医師とのコミュニケーション不足が原因となる場合があります。当院では、治療計画を複数立案し患者様とご相談の上治療方法を決定しまので説明なく治療がはじまることはありません。また、治療が始まってからも進行状況や治療中の声かけなど徹底し、不安やストレスを和らげられるように努めています。

痛みへの配慮

歯科治療の痛みの多くは麻酔をすることで消失することができます。また、麻酔の注射事態の痛みは技術と使う器具によって抑えることができます。痛みの少なくなる器具を用いて、適切な判断と技術力でストレスが少ない治療の進行に努めています。

精密な検査

痛みの原因や疾患の場所、大きさをしっかりと診断することが治療時間や痛みを配慮する上で重要です。レントゲンやCT、ドクターによる視診のみではなく、あらゆる精密機器を使用して正確な診断を行うことが、患者様の不安や痛みに配慮することができます。

歯がボロボロになってしまった方の治療

治療をせずに放置してしまうと

なかなか歯科に通えず放置してしまうと、生活する中でもストレスに感じることが増えてしまします。

  • 食事を楽しむことができない
  • 見た目が気になり笑うことができない
  • 口臭が気になる
  • お口の中の痛みや乾燥など不快感がある

お口の中がボロボロに見た目や食事などにストレスを感じてしまい大変な思いをされているかと思います。実は、それ以外にも全身の健康にも影響があります。残っている歯の数と医科の医療費の関係を調査した結果では、残った歯が多い人の方が医療費が低いことが分かっています。(※1)

つまり、歯を多く失ってしまうと別の体の病気や疾患に罹るリスクが高まるということです。今ある歯を残すためにも、またその歯が今後悪くならないようにするためにも、そして別の体の病気に罹るリスクを減らすためにも、できるだけ早く歯医者を受診する必要があります。

歯がボロボロの方の治療

歯周病の治療

状態
重度の歯周病の場合は、歯を支える顎の骨がたくさん溶けてしまい歯が抜けるリスクが高まります。
症状
歯茎が赤く腫れ、出血や膿が出ます。また、歯茎下がり歯が長く見えます。歯がぐらぐらで食事が不自由に感じ、口臭も強くなります。
治療方法
歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去し歯肉を整えます。残せない歯がある場合は抜歯を行い、すでに抜けてしまっている歯も同様に欠損補綴(歯を失ってしまった箇所の治療)を行います。

虫歯の治療

状態
歯の色が変わり、歯に穴が空いている箇所があります。歯の内部に大きく虫歯が侵食し、放置すると歯が溶けてなくなって行きます。ひどい場合は抜歯が必要です。
症状
痛みのない虫歯と痛みのある虫歯が混在しています。神経まで達した虫歯は何もしなくても痛みを感じ、飲食をすると激痛を感じる場合があります。
治療方法
C1〜C2の虫歯は削って補綴治療(詰め物や被せ物)を行います。C2〜C3の虫歯の場合は歯の根の治療が必要な場合があり、その後に補綴治療を行います。C4の虫歯の場合多くは、抜歯後に欠損補綴を行います。

不正咬合の治療

状態
上顎と下顎の位置がずれていたり、歯並びが乱れていて全体的な咬み合わせが合っていない状態です。
症状
悪い咬み合わせの影響で特定の歯に力が加わることで、歯が割れてしまったり、傾いてしまいます。また、清掃性も悪く虫歯や歯周病が進行してしまいます。食事や発音にも影響を及ぼす場合があります。
治療方法
虫歯や歯周病の治療に加え、歯並びを整える必要がある場合は矯正治療を行います。補綴や欠損補綴は最終的な咬み合わせを考慮して治療を行っていきます。

歯がボロボロの方のフルマウス治療例

治療前

治療後

治療の内容 全顎オールオン4と骨造成による治療。
期間・回数 9ヶ月・11回(カウンセリング・検査含む)
費用 自由診療: 上下オールオン4+骨造成 総額 4,000,000円(税込 4,400,000円)
リスク・副作用
  • インプラント手術後、まれに唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒが一時的に発生する場合もあります。また、近接歯牙、顎、上顎洞、鼻腔に対する炎症、疼痛、過敏症、組織治癒の遅延及び顔面部の内出血(紫斑や黄斑など)が避けられない方もまれにおられます。術後、3~4日目になると腫れ止めが切れるため傷口が腫れてきますが、殆どの場合、1週間程度で傷口は治ります。
  • 術中に、歯牙や骨の状態により手術内容が予定より変更することも起こりえます。
  • 術中に、予定していた骨の量が足りない場合には、追加の骨造成が必要になることがあります。(治療代5万円)
  • 喫煙、飲酒は正常な治療の妨げとなります。術後1週間は控えてください。
  • 処方された薬剤の服用により吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなるなど一時的な副作用が現れることがあります。
  • インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
  • 成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方、放射線治療を受けられている方、ホルモン治療を受けられている方は治療出来ない場合があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 食いしばり・歯ぎしりが強い場合、上部構造が破損する恐れがあります。
  • 血圧が高い場合、手術ができないことがあります。
  • 骨量が少ない場合はAll-on-4治療の手術自体ができない場合があります。

歯がボロボロでお悩みの方へ

まずはご相談にお越しください。

歯がボロボロになってしまう方の中には、「今更見てもらえない」「恥ずかしい」「費用など聞きずらいことがある」など、ご相談にこられるだけでも高いハードルがあり一歩踏み出せない方がいらっしゃるかと思います。

しかし、私たち歯科医院はどんな状態の方でも今よりも良くするプロフェッショナルです。同じよな悩みを持っていた方は当院でも多くいらっしゃいましたが、叱ることも、笑うことももちろんありません。しっかりと患者様のお話に耳を傾け、ご希望・ご予算を考慮した複数の治療計画をご提案させていただきます。患者様と一緒にどの治療方法が良いかを考え、複数の選択肢の中から最終的には患者様ご自身に治療方法を選択いただきます。もちろん勝手に治療をすることもありません。

まずは相談だけでも1歩踏み出していただくことが、歯がボロボロで悩んでいる方には必要になります。今よりも良くなる方法を考え、全力で治療にあたらせていただきます。

お口の健康を保つために

治療が終わったら、改善したお口の環境を保つために予防をすることが大切です。治療が終わったとしても生活習慣やセルフメインテナンス、定期検診を怠ると再びお口の健康が損なわれてしまいます。

定期的に歯科医院でお口をチェックし、クリーニングや虫歯・歯周病の検査をすることでお口の健康を損なうリスクを軽減することが可能です。初期段階で虫歯や歯周病を発見することができれば治療回数や費用も抑えることができるため、歯がボロボロの治療よりも負担が軽減されます。

また、定期検診は年に3回〜4回歯科医院に通うだけで済みますし、治療に比べ痛みを伴う処置がほとんどありません。歯医者が苦手な方や忙しい方も、お口の中のストレスや歯医者に通う時間、費用など様々な負担を考えると、お口の健康を改善し予防で歯科医院に通う方が効果的な方法であると思います。

まずは一歩、どんなお口の悩みでも歯科医院へご相談にお越しください。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

多数歯を治療するフルマウス治療

フルマウス(全顎)の治療

フルマウス治療とは

多くの歯を失ってしまった場合に考えなくてはならないのがフルマウス治療です。失ってしまった歯を1本づつ治療するのではなく、お口の中の機能を可能な限り回復するためには全顎(フルマウス)的な咬み合わせを考えた治療方法です。

歯は1本で成り立っているわけではなく、左右で支え合い上下で咬み合うことで機能しています。隣の歯がないと残っている隣の歯が倒れてきたり、上下で咬み合うはずの歯がないと片方が伸びてきてしまう場合があります。多くの歯がない場合にはやがて咬合崩壊といって咬み合わせが崩れすべての歯が機能しなくなる可能性があります。

多くの歯の治療が必要な場合に1本ずつ治療をした結果、噛めない・発音ができない状態では生活に支障がでてしまいます。多くの歯失ってしまった場合の治療は、咬合崩壊を防ぐために、または咬合崩壊してしまったお口の機能を回復するために、全顎的な咬み合わせを考えた治療計画を立案し治療を進行することが大切になります。

歯がないときの治療方法

虫歯や歯周病、咬み合わせが原因で歯を失った時の治療(欠損補綴)は、

  1. 入れ歯
  2. ブリッジ
  3. インプラント

1~2本の歯がない場合には主にこの3つの治療方法が選択されます。

  1. 総入れ歯
  2. オールオン4
  3. 全顎インプラント治療

多くの歯がない場合は主にこの3つのフルマウス治療が選択されます。

3つのフルマウス治療

総入れ歯

入れ歯による治療です。保険適用と保険適用外の精密な入れ歯があります。選択する治療方法によって費用を抑えることができますが、食事や発音に不便さを感じたり、お口の中に違和感を感じられることが多い治療方法です。

オールオン4

片顎4〜6本程度のインプラントで人工の歯と歯茎を支える治療方法です。全ての歯をインプラントにするよりも費用や治療期間を抑えることができます。入れ歯のように動揺することがないため、違和感が少なく食事にも不便のない治療です。

全額インプラント治療

全ての欠損歯にインプラントを埋入する治療方法です。欠損歯が多いほど費用と治療回数がかかってしまいますが、見た目が天然の歯に近い状態に回復し、不便や違和感、故障のリスクが少ない治療です。

3つのフルマウス治療の比較

  総入れ歯 オールオン4 全顎インプラント
診療 保険診療or自由診療 自由診療 自由診療
審美性 ×
耐久性 ×
違和感 ×
治療回数・期間 15〜20回(1〜2年) 4〜5回(1〜6ヶ月) 4〜6回(1〜2ヶ月)
費用 保険 1万円前後
自由診療 〜60万円(〜税込66万円)
片顎 200〜350万円程度
(税込220〜385万円程度)
片顎 350〜500万円程度
(税込385〜550万円程度)

多くの歯を失ってしまった方へ

まずは歯医者で相談しましょう

歯を失なったまま放置すると、治療の費用や治療期間が膨らみ負担が大きくなります。少し歯が無いだけなら不便でないからとお考えの方もいらっしゃいますが、最初にお話した通り歯は上下左右の咬み合わせで成り立っているため、1本歯がなくなっただけでも放置するとお口の中の崩壊へと進む可能性があります。

多くの虫歯や欠損で恥ずかしいと思われて歯医者を敬遠されている方も多くいらっしゃいますが、理由は違いますが、同じように放置することでどんどんお口の環境が悪くなってしまします。

歯医者はどんな口腔内環境でも今よりも良い生活環境になるように治療することが仕事です。人それぞれお悩みもお口の中の状況も違いますが、一人ひとりのご要望やご希望の沿った治療計画を提案させていただきます。ほとんどの歯を失ってしまった場合、治療をしようと決心するには大きな一歩が必要かもしれません。まずは相談からお越しいただき、これ以上悪くならないように、少しでも良くなるように一緒に治療を始めていきましょう。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

フルマウス治療のQ&A

フルマウス治療について患者様からよくある質問

Q.ほとんど歯がありません。治療期間はどのくらいかかりますか?
A.概ね2年程度になりますが、現在のお口の状況や選択される治療方法、通院間隔などにも左右されるため個人差があります。ご相談・検査の上、治療計画を作成させていただければ凡その治療期間をお話することができるかと思います。
Q.フルマウス治療をすれば虫歯になることはありませんか?
A.ご自身の歯を残した治療計画となる場合は、その歯が虫歯になる可能性があります。ご自身の歯が全てない治療となった場合は虫歯になりません。ただし、お口の中の菌が無くなる訳ではありませんので、ケアを怠ると歯周病や義歯性口内炎、インプラント歯周炎、誤嚥性肺炎などを引き起こす可能性があります。そのため、治療後もお口の中を清潔に保つために、セルフケアやメインテナンスが大切になります。
Q.どの治療にするか迷ってます。行ったらすぐに治療が始まりますか?
A.いいえ、患者様の承諾なしに治療を開始することはありません。お口の中の状況によって治療の選択肢は様々ですし、患者様のご希望もそれぞれございます。まずは検査の上で患者様のご希望にも寄り添った治療計画を複数ご提案させていただきますので、ご相談の上で患者様ご自身で治療を選択していただければと思います。わからないことや気になることは何でもご相談いただければと思います。
Q.現在総入れ歯なのですが、オールオン4や全顎インプラントに変更は可能ですが?
A.はい、可能です。ただし、全身疾患がある場合は全身疾患の担当医とご相談させていただいたり、お口の中の状況によってはオールオン4は可能ですが全顎インプラントが適応しないケースが生じる場合があります。検査にお越しいただけましたら、治療計画をお話させていただくことが可能かと思います。
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

京阪楠葉駅ビル内の歯医者
枚方くずはアップル歯科

  • 〒573-1121 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 電車でお越しの方 京阪樟葉駅改札から徒歩30秒。改札前のエスカレーター登ってすぐ。
  • バスでお越しの方 京阪バス くずは駅下徒歩1分 京阪楠葉駅ビル2階へ。
  • お車でお越しの方 府道13号線経由で「楠葉」もしくは「楠葉南」から18号線へ入ってすぐ。
  • お車でお越しの方 駐車場・駐車サービス券のご用意はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2022 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top