枚方・樟葉でマウスピース矯正(インビザライン)

HOME > 自由診療 > 枚方・樟葉でマウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正

取り外しできる・目立たないインビザライン矯正

枚方市楠葉周辺でマウスピース矯正なら

アップル歯科にご相談下さい。当院は矯正治療の中でもインビザラインを使ったマウスピース矯正を得意としています。

マウスピース矯正は 透明で目立ちにくく、取り外し可能な新しい矯正装置インビザラインを使用します。全顎用・前歯用・1〜少数歯用など、複数の種類から患者様に適したプランをご提案します。
費用は インビザラインの治療費は全て込みのトータルフィーです。1〜3ヶ月毎の調整日の費用や手技の費用も含まれています。
矯正医は 日本矯正歯科学会認定医・ アラインテクノロジー社クリニカルスピーカーの松岡伸也先生の診断も受けられます(別途費用が必要です)
矯正相談は 矯正相談はご予約制です。無料相談も可能です(ご予約時に無料相談希望とお伝え下さい)。
場所は 京阪樟葉駅改札から徒歩1分、樟葉駅ビルの2階です
ご予約は お電話もしくはWEB予約(初めての方専用)からお待ちしております

当院のマウスピース型矯正装置

インビザラインの特徴

当院では、透明で目立たない・取り外しできる・痛みが少ないマウスピース型の矯正装置として、インビザラインという装置を使った歯列矯正をご提供しています。

現在、様々なメーカーのマウスピース矯正装置が様々な歯科医院で取り扱われていいますが、インビザラインはその中でも最も歴史があり、最も症例数の多いマウスピース型矯正装置です。 その症例数は2022年2月の時点で、世界で1200万人が使用し、そのデータを蓄積することにより、年々その精度が高めるという優れたシステムです。

アップル歯科では、マウスピース矯正の中でもこのインビザラインを最も信頼をしており、法人全体で勉強会を開くなど、患者様の歯並び治療に生かしています。インビザラインは当院が自信をもってお薦めしている矯正装置です。

矯正治療の「イヤ」が少ない

こんな方にオススメの矯正装置です

  • 矯正したいけど装置が目立つのがイヤな方
  • 仕事上矯正装置を着けると影響してしまう方
  • 矯正治療の痛みが心配でできない方
  • 矯正装置を外したいイベントがある
  • 矯正治療で食物の制限をされるのがイヤな方
  • 矯正治療をすることをあまり知られたく無い方

インビザライン矯正はここが違う

他の矯正装置との違い

少ないデメリット

生活に影響が少ない

金属のデコボコの装置やワイヤーがなく、目立たない上に取り外しもできるこの装置は、これまで矯正治療に伴っていたあらゆるデメリットを抑え、食事・スポーツ・日常生活に制限をかけません。

優れた素材

薄く柔軟な装着感

インビザラインのアライナー(マウスピース)はスマートトラックというオリジナル素材です。その厚みはおよそ0.5mmと薄く、柔軟性もあるため違和感も少なく、着脱も簡単に行なえます。

歯の動きを予測する

予測実現性が高い

当院でマウスピース矯正を行う場合、型取りはiTeroという光学スキャナーを使用します。このiTeroはわずか数分で歯並矯正のシミュレーションが可能で、その予測に沿って矯正を進めていきます。

マウスピース矯正で治療可能な咬合

ご自身の咬み合わせでマウスピース矯正が可能かどうかは診断によりわかります

不正咬合の種類分類 叢生
(ガチャ歯)
上顎前突
(出っ歯)
下顎前突
(受け口)
空隙
(すきっ歯)
開咬
(ポカン口)
過蓋咬合
(ディープバイト)
交叉咬合
(クロスバイト)

インビザライン(全顎)

可能 一部可能 一部可能 可能 一部可能

※症例による

可能

※症例による

可能

※症例による

インビザラインGo(前歯)

可能

※前歯のみ

一部可能

※前歯のみ

可能

※前歯のみ

一部可能

※前歯のみ

可能

※前歯のみ

ワイヤー矯正 可能 可能 可能

※場合により外科矯正を要す

可能 可能

※場合により外科矯正を要す

可能 可能

初診から矯正治療開始まで

マウスピース矯正の流れ

初めてのご来院から矯正治療開始までの流れです。シミュレーションは当日可能です。

  • 矯正相談

    まずはレントゲンや光学印象(iTero)を撮影し、シミュレーション画像や口腔内を見ながらご相談します。

  • 専門相談

    必要に応じて矯正医による専門相談を受けていただきます。治療の選択肢や期間、費用の説明を行い、合意となり次第

  • クリンチェック

    作成した治療計画に沿ったシミュレーションを確認(クリンチェック)して頂き、同意が得られれば約2ヶ月で装置が完成します。

  • 矯正治療開始

    装置が届けば矯正開始です。1つのマウスピースを約2週間使って歯を動かします。医院へは1〜3ヶ月に一度程度お越しいただきます。

マウスピース矯正の毎日

1日の使用時間は?

マウスピースは1日20〜22時間装着していただきます。17時間を切ると次回のマウスピースが入らなくなる可能性が高くなります。装着時間をしっかり守ることが矯正成功の鍵となります。

お手入れ方法は?

歯は通常通りの歯磨きをお願いします。食事の際は取り外して頂き、歯を磨いてから装着して頂きます。その際、マウスピースも歯ブラシ等を使って水洗いして頂きます。

マウスピースの使用期間

一つのマウスピースで動く歯の量は0.25mm程度です。マウスピースは1枚につき2週間お使い頂き、次のステージへと移っていきます。使用期間を守り、順番通りに使用して頂きます。

1〜3ヶ月に1度のチェック

ワイヤー矯正のような調整はありませんが、ストリッピング(歯を少し削る)やアタッチメント(歯につけるポッチ)を付ける施術もありますので、1〜3ヶ月に1度程度チェックにお越し頂きます。

わかりやすい費用、支払い方法

無理のない支払いで最高の笑顔を

インビザラインの場合

インビザライン(全顎)80万円(税込88万円)

※専門相談を要する場合別途70,000円(税込77,000円)必要になります。

一括払い

  • 例)880,000円
  • 現金・振込でのお支払いが可能です

アップル分割払い

  • 例)44,000円 × 20回
  • 20回まで金利手数料不要

カード分割払い

  • 例)36,670円 × 24回 +分割手数料
  • 分割手数料はカード会社により異なる

デンタルローン

  • 例)月々8,800円×120回
  • 年利3.9%※初回のみ16,896円
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

部分マウスピース矯正

前歯のみ・少数歯のみの歯列矯正

マウスピースによる部分矯正

「前歯に隙間がある」「一本だけ変な生え方をしている」「少しだけ捻転している」「過去に矯正治療をしたけど少し後戻りした」など、全体的に矯正するには費用も期間も気になるけど、治せるなら治したいという方は少なくありません。

マウスピース矯正「インビザライン」には、そのようなお悩みにもお答えできる部分的なプランもあります。前歯の矯正向けのインビザラインGoや、1歯から2歯の矯正に適したインビザラインエクスプレスなら、短期間で費用も抑えた部分的な歯列矯正が可能です。部分矯正といっても「部分的な装置」ではなく「部分的に歯を動かす」のがマウピースによる部分矯正の特徴で、装置の見た目は全体的なマウスピース矯正とほとんど同じです。

しかしこれらのプランは、どんな歯並びでも適用可能な装置ではありません。奥歯(6番・7番)がしっかり噛んでいる・上下の咬み合わせの位置関係に問題がないなど、細かな条件はありますが、治療が可能かどうかはiTeroという光学式口腔内スキャナーでお口の中のデータを計測することでわかります。部分矯正をご希望の方はお気軽にご相談ください。

前歯を中心とした部分的な矯正

インビザラインGo

インビザラインGoは、奥歯(6番・7番)を除いた片顎10本を動かすことで歯並びを整えるマウスピース型の矯正装置です。

使用するアライナー(マウスピース)の枚数は最大20枚で、期間はおおよそ半年程度。費用も全体的なインビザラインの半額程度となります。

6番・7番の咬み合わせに問題がないとう条件はありますが、前歯のみの叢生(デコボコ歯並び)や正中離解(すきっ歯)の治療に適した矯正装置です。

1〜2歯の少数歯の矯正

インビザライン エクスプレス

インビザライン エクスプレス1歯〜2歯のみの少数歯を整えたい場合に適したマウスピース矯正装置です。

使用するアライナー(マウスピース)の枚数は最大7枚で、期間はおおよそ2〜3ヶ月程度。片顎のみの治療も可能で、もちろんその分費用も抑えられます。

適応症はインビザラインGoよりも限られますが、「少しだけ動かしたい」「後戻りしてしまったので少し修正したい」という方に適した矯正装置です。

部分的なマウスピース矯正の特徴

矯正装置が目立たない

一般的な部分矯正は、動かす歯にブラケットという装置にワイヤーを通すため、短期間ですが見た目が気になります。インビザラインによる部分矯正は、透明なマウスピースで歯全体を覆いますので、ほとんど見た目に影響がありません。人目を気にすることなく歯並び治療が可能なことで喜ばれている装置です。

治療期間が短く早く終わる

インビラザインGoなら半年前後、インビザラインエクスプレスなら2〜3ヶ月と、全体的な矯正治療(平均2〜3年)に比べ半分以下の期間で治療ができるのも、部分的なマウスピース矯正の特徴です。症例にもよりますが、インビラザインGoの場合奥歯を起点にすることにより、ワイヤー矯正よりも早く終わることもあります。

コストを抑えられる

インビザラインGoもエクスプレスも、治療に使用するマウスピースの枚数の上限が20枚(インビザラインGo)・7枚(インビザライン エクスプレス)と少ないため、その分治療にかかるコストも抑えられます。「数本の歯の矯正にそれほどお金はかけたくない」という方も、部分矯正なら妥当な費用での治療が可能です。

費用と支払い方法

インビザラインGoの場合

標準治療費40万円(税込44万円)

インビザラインGoは調整料等を全て込みのトータルフィーです

一括払い

  • 例)440,000円
  • 現金・振込でのお支払いが可能です
  • ※調整費込

アップル分割払い

  • 例)22,000円 × 20回
  • 20回まで金利手数料不要
  • ※調整費込

カード分割払い

  • 例)18,333円 × 24回 +分割手数料
  • 分割手数料はカード会社により異なる
  • ※調整費込

デンタルローン

  • 例)月々4,400円×120回
  • 年利3.9%※初回のみ8,448円
  • ※調整費込
インビザライン エクスプレス(片顎)の場合

標準治療費片顎255,000円・全顎327,000円
(税込280,500円〜327,000円)

インビザラインエクスプレスは調整料等を全て込みのトータルフィーです

一括払い

  • 例)280,500円
  • 現金・振込でのお支払いが可能です
  • ※調整費込

アップル分割払い

  • 例)28,050円 × 10回
  • 10回まで金利手数料不要
  • ※調整費込

カード分割払い

  • 例)11,688円 × 24回 +分割手数料
  • 分割手数料はカード会社により異なる
  • ※調整費込

デンタルローン

  • 例)月々3,000円×110回
  • 年利3.9%※初回のみ7,075円
  • ※調整費込

部分矯正の適応症例

自分の歯は部分矯正で治る?

多くの方が気になられるのが、自分の場合部分矯正で治療ができるのかどうかということです。例えば部分矯正を希望されても、その歯並びが奥歯に問題があれば全体矯正が必要になりますし、逆に全体矯正が必要だと思っていた方が部分的な矯正装置が必要な場合もあります。

部分矯正が可能かどうかは、一度お越しいただいて、お口の中のDATA(光学式口腔内スキャナー)を撮らせていただくことでわかります。もちろん、部分矯正が無理なら治療をしないという選択をしていただいても構いません。

ご自身の治療において部分矯正が可能なのか、全体矯正が必要なのか、まずはシミュレーションをお試しの上、ご検討ください。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

矯正シミュレーション

データから歯の動きや期間を予測

iTeroで歯列矯正シミュレーション

歯列矯正はしたいけど、歯並びを変えると自分の口がどうなるのか、どれぐらいの期間で治療ができるのかなど、矯正中や矯正後のことが気になるのは当然のことです。

アップル歯科では、この歯列矯正において、マウスピース矯正を使った治療における「矯正シミュレーション」を患者様に受けて頂きます。

方法は簡単で、iTeroという光学式口腔内スキャナーでお口の中を撮影すると、わずか数分でマウスピース矯正(インビザライン)による歯列矯正の治療予測を診ることができます。

シミュレーション画像はメールでお送りすることもできますので、矯正するかどうかを家族で相談する場合などにもご利用いただけます。(もちろん、シミュレーションをした上で治療をしないという選択肢もあります)

光学式口腔内スキャナーとは

矯正シミュレーションを行う「iTero 5D」という光学式口腔内スキャナーは、矯正の治療予測だけでなく、以下の機能がついています。

  • 3Dデジタル印象(歯の模型と同様のDATA)
  • 隣接面虫歯検知補助機能(近赤外線による虫歯検知)
  • インビザライン アウトカム・シミュレータ(矯正治療予測)
  • アライナー矯正治療の連携(マウスピース矯正の管理)
  • タイム・ラプス視覚化機能(口腔内の経時変化の確認)
  • 口腔内カメラ(カメラとしてお口の中の写真を撮影)

このように歯並びのシミュレーションをするだけでなく、デジタル印象(DATA化した模型)や虫歯検知のついでに歯列矯正のシミュレーションをしたり、シミュレーションのついでに虫歯を探すことも可能です。

矯正するかどうかの判断材料に

歯列矯正は「見た目」の問題と、「咬み合わせ」の問題の2つの側面があります。

私たち歯科医師が歯列矯正をご提案する場合は、患者様の「見た目が気になる」という主訴があったり、咬み合わせが悪く、将来多くの歯を維持するのが難しくなる場合などです。

もちろん、どちらも重要な問題ですが、後者の場合は後々になって「なぜ矯正を薦めてくれなかったのか」と患者様が後悔しないためにも、「矯正した方が良いですよ」と声をかけるのは義務に近いものであると考えています。

矯正するかしないかは、患者様自身の判断ですが、大切なのは患者様がしっかり理解した上で決めることではないでしょうか。アップル歯科では、患者様がその判断をする場合によりわかりやすい材料の一つとして、このiTeroによる矯正シミュレーションをご提供しています。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

マウスピース矯正のQ&A

マウスピース矯正について患者様からよくある質問

Q.マウスピース矯正はどんな歯並びも治療できますか?
A.残念ながら全ての歯並び・咬み合わせに対応しているものではありません。しかし、当院が主に使用するインビザラインという矯正装置は、年々その適応症例が増えてきています。例えば以前は苦手と言われた上顎前突(出っ歯)の治療にも、現在は普通にインビザラインを使用しています。できる・できない、向いている・向いていないはお越し頂いて検査をさせて頂ければ、ご説明できるかと思います。
Q.ワイヤー矯正の方が安いのはなぜですか?
A.単純に原価の違いです。しかし、実はワイヤー矯正はマルチブラケットやワイヤーを使って歯を思い通りに動かすために、その都度調整日に矯正医の専門的なスキルを要します。しかし、マウスピース矯正の場合、最初の治療計画さえ専門的な知識を持って行えば、その先はある程度コンピューターによって計算されてしまいますので「調整日」の「調整料」が必要ありません。(調整日は歯並びの確認やアタッチメント・ストリッピングを行うため必要です)そのため、費用には月に1回程度かかってくる「調整費」が含まれています。この調整料を加味すると、ワイヤー矯正とマウスピース矯正は、総額で大きく変わるものはありません。
Q.虫歯があったら治療できないというのは本当?
A.嘘ではありません。マウスピース矯正は、最初の治療計画から治療終了まで50枚前後のマウスピースが一度に作られます。虫歯を途中で治療すると歯型が変わってしまいます。したがってマウスピースを作ってから歯型が変わると、マウスピースが合わなくなることがあります。そのため、虫歯は矯正前に治療することが大切です。
Q.マウスピース矯正中に付ける歯のポッチは何です?
A.アタッチメントという歯を動かすための支点になるものです。これを付けることによって歯を動きやすくするものです。
Q.マウスピース矯正は外したいときに外しても良いものですか?
A.基本的には、飲食をしたり、歯磨きをする際以外はつけておくものです。頻繁に外したり、外したままつけ忘れると、予定通りに歯が動かなくなるばかりか、次のステージのマウスピースが合わなくなることもあります。1日20〜22時間の装着をお願いします。ただ、どうしても装置を外したい行事やシーンはあると思いますので、歯科医師と相談し、次に影響しない程度の時間外しください。 1日17時間の装着時間を下回ると、予定通り歯が動かないと言われています。
Q.被せ物があってもマウスピース矯正は可能ですか?
A.はい。問題ありません。矯正は歯の根から動かしますので、被せ物があっても治療可能です。また、ワイヤー矯正の場合はマルチブラケットが被せ物に付きにくい場合がありますが、マウスピース矯正の場合は、そのような影響を受けることがありません。
Q.マウスピース型の装置で抜歯矯正も可能ですか?
A.可能です。ただし、ワイヤー矯正ほど適応症例は広く有りません。場合によってはワイヤー矯正の方が仕上がりが良かったり、期間が短くなったり、中にはマウスピース矯正では治療ができない症例もあります。
Q.マウスピース矯正は出っ歯になるという噂は本当ですか?
A.本当ではありませんが、あながち嘘とも言えません。例えば、前歯のガタガタをマウスピースで治療すると、歯は並べるためにスペースが確保できず、前に張り出す形で並べてしまうことがあります。最初の診断を誤るとこのようなことが起きてしまうこともあります。しっかり診断をして治療計画を立てれば回避できる事象です。
Q.上顎(下顎)だけのマウスピース矯正は可能ですか?
A.歯列矯正は基本的に両顎で行うものです。これは上顎や下顎の歯の移動に合わせて咬み合わせを整えるためです。しかし、インビザラインエクスプレスという1歯・2歯程度の少数歯を動かす装置のみ、片顎だけの矯正を行う場合があります。
Q.前歯だけのガタガタを治したい場合は部分矯正(インビザラインGo)でできますか?
A.それは全体的な咬み合わせによってできる場合とできない場合があります。歯のガタガタの原因の一つは「歯が並ぶスペースがない」ことです。そのため、スペースを確保するために抜歯をしたり、歯を全体的に後ろに送ったりする必要がある場合があります。その場合は全体的に動かす装置が必要になります。
歯がガタガタでも、ストリッピングという少し歯を削る処置でスペースを確保できたり、もともとスペースがある空隙歯列などは比較的部分矯正(インビザラインGo)の適用になることが多いです。
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

京阪楠葉駅ビル内の歯医者
枚方くずはアップル歯科

  • 〒573-1121 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 電車でお越しの方 京阪樟葉駅改札から徒歩30秒。改札前のエスカレーター登ってすぐ。
  • バスでお越しの方 京阪バス くずは駅下徒歩1分 京阪楠葉駅ビル2階へ。
  • お車でお越しの方 府道13号線経由で「楠葉」もしくは「楠葉南」から18号線へ入ってすぐ。
  • お車でお越しの方 駐車場・駐車サービス券のご用意はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2022 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top