メタルフリー治療

HOME > 自由診療 > メタルフリー治療

金属を使わないメタルフリー治療

金属を使わないメタルフリー治療

メタルフリー治療とは

メタルフリー治療とは、虫歯や外傷の治療として削られた歯質や欠けた部位の代替えとして使用する歯科材料に金属を使わない治療です。

近年では、保険治療でも歯科修復材料に金属を使用しない「CAD&CAM冠」という強化プラスティック(歯科用レジンにセラミックの粉を混ぜたもの)の使用が適用されるようになりましたが、それでも咬み合わせが強い方や負担のかかりやすい歯には金属を使わざるを得ません。

保険治療の金属には主に金銀パラジウム合金という歯科用金属が使われますが、この金属にはアレルギー反応を起こす方もおられるため、金属アレルギー対策としてメタルフリー治療は有効となります。

また、メタルフリー治療のもう一つの特徴は「見た目の改善」にもなることです。金属の代わりに使用する歯科修復素材をセラミックにすることで、天然の歯と見分けがつかないレベルの詰め物や被せ物を作ることが可能となります。近年では、この見た目改善を目的としてメタルフリー治療を希望される方も少なくありません。

歯科金属の種類と弊害

歯科用金属には主に以下の金属が使用されますが、保険が適用されるのは「銀色の物」となります。

  • 金合金…【自由診療】金を修正分とした補綴物で、虫歯が再発しにくい
  • 金銀パラジウム合金…【保険診療】銀色の補綴物で固い。虫歯再発に注意が必要
  • 銀合金…【保険診療】銀色の補綴物で強度が弱い。短期間で変色する
  • アマルガム合金【保険診療】現在はほとんど使われないが過去の主流。水銀が含まれる

他にも、チタンやニッケルクロムなども使用されることもありますが多くはありません。金合金を除く銀色の歯科金属には、金属アレルギーの原因となる可能性が高かったり、その特性上二次カリエス(虫歯の再発)が起こりやすいなどの弊害があります。メタルフリー治療はこの弊害のうち、金属アレルギーのリスクを無くし、二次カリエスのリスクを下げることができます。

メタルフリー治療の素材と特徴

メタルフリー治療に使われる素材

メタルフリー治療には、保険の補綴物(CAD&CAM冠CAD&CAMインレーコンポジットレジン)を使う治療と、自由診療のセラミックジルコニアを使う方法があります。ただし、保険の治療には定められたルールが有り、咬み合わせや歯の数によっては適応できない場合もあります。また、「美しさ」を求めた場合、保険の補綴物は「白い」とはいえ「天然歯に近い」とは言えない仕上がりになることもあります。また、咬合力によって割れたり欠けたり、経年劣化で変色するリスクも自由診療のものより高くなります。

そのため、全てセラミックやジルコニアを使った自由診療にするというのも一つの手段ですが、場合によっては臼歯は保険(CAD&CAM冠)にして前歯はセラミックなど咬み合わせや見えやすさを考慮して使い分ける方法もあります。

当院ではどの部位にはどの歯が良いか、患者様のお口の状態によって歯科医師がご提案いたしますので、相談して検討して頂けます。

メタルフリー治療の特徴

メタルフリー治療には見た目から健康におけるところまで、様々なベネフィットを得ることができます。下記はその中でも「セラミック(自由診療)」を使用した場合の特徴となります。

  • 金属アレルギーの予防・改善…金属アレルギーの原因を口腔内から除去します
  • 対合の歯に優しい…金属の固さによる対合の歯の摩耗やダメージを軽減します
  • 見た目の改善…白く天然の歯に近い見た目を再現します
  • 二次カリエスの予防…汚れがつきにくく形状が変化しにくいため二次カリエスのリスクを軽減します

ただし、「必ずしも虫歯・歯周病にならないわけではない」「健康保険が適用されない(費用がかかる)」「割れたり欠けるリスクがあること」などのデメリット・リスクもあります。

金属アレルギーとメタルフリー治療

原因がわからないこんな症状…

  • 口腔内のかぶれ・ブツブツ
  • 口内炎・口唇炎・口角炎・舌炎がよくできる
  • 頬の内側や下・歯ぐき等の角質層が厚く・硬くなる
  • 手のひらや足の裏に膿疱(ブツブツ)ができる
  • アトピー性皮膚炎のような症状が現れる
  • 頭痛や肩こりなどの不定愁訴が現れはじめた

上記のような症状が出て、何が原因かわからない場合、もしかしたらお口の中の歯科金属が原因かもしれません。口腔内は金属を入れてすぐにアレルギー症状が出るとは限らず、金属がイオン化して体内に取り込まれ始めてから症状が出ることも多いのが特徴です。ご心配でしたら一度皮膚科にてパッチテストを受診下さい。
(※歯科ではパッチテストを行うことができません)

金属アレルギーの調べ方と対処法

上記のような症状があり、「もしかして自分は金属アレルギーかも」と思ったら、まずは皮膚科にてパッチテストを受けていただく必要があります。

皮膚科はご自身にかかりつけがあればそちらで結構です。もしなければ当院から紹介状をお出しすることも可能です。

パッチテストの結果、ご自身が金属アレルギーと判明した場合、そのアレルゲンとなっている歯科金属を除去する必要があります。ただし歯科金属を取り外す際、その金属粉が口腔内に飛散することになりますので、一時的に症状が強く出ることがあります。

その際はその症状を抑えるお薬を服用・塗布する必要がありますので、メタルフリー治療は皮膚科と連携して治療することが大切になってきます。

メタルフリー治療の費用と相談

メタルフリー治療の費用

メタルフリー治療の費用は、現在の口腔内の状態・歯科金属の数・形状によって異なります。

詰め物の場合(1歯)

小さいもの→コンポジットレジン(保険費用は1,500円前後※3割負担の場合・自由診療1歯30,000円※税込33,000円)

普通サイズ→CAD&CAMインレー(保険費用は3,000円前後・自由診療1歯45,000円※税込33,000円)

被せ物の場合(1歯)

保険→CAD&CAMインレー(6,000円前後)

自由診療→(デジタルセラミック70,000円※税込77,000円、E-max100,000円※税込130,000円、ジルコニアセラミック130,000円※税込143,000円)

審美性や耐久力を考慮し、上記補綴物から担当医と相談しながら1歯ずつ決めていただきます。

メタルフリーはまず相談

メタルフリーにしたいという方は少なくありません。しかし、「保険で賄いたい」「できるだけキレイに」「見えるところはキレイに」とご要望は様々です。

しかし、実際にメタルフリー治療で複数の歯をやりかえるのであれば、自身のお口の中にどんな素材が使われ、どんな特徴があるのかは知っておくべきだと思います。

当院では、まずすべての補綴物の説明をしっかり行い、その上で患者様のご希望を考慮し、更に歯科医師の視点から患者様にぴったりのご提案を複数ご提示することを心がけています。

その中から、患者様がご納得の行く治療をお選び下さい。お口の中の金属が気になるなら、まずは相談から始めましょう。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

メタルフリー治療のQ&A

メタルフリー治療について患者様からよくある質問

Q.保険内でメタルフリー治療は可能ですか?
A.可能な場合と可能ではない場合があります。保険のCAD&CAM冠には決まりがあって、適応するには条件があります。被せ物に関しては、基本的にはほぼ全ての歯に適応が可能にはなっていますが、例えば欠損(抜けた歯)があったり、過度な咬合圧(咬み合わせによる圧力)がある場合は適応できない場合があります。詰め物に関しては、第2大臼歯(7番)の咬合関係があり過度な咬合力が加わらない場合の第1大臼歯(6番)と小臼歯(4番・5番)という条件があります。これらの条件を満たしていれば、詰め物・被せ物に関してはメタルフリーにすることが可能です。
それでも、現在の保険の制度では、十分なメタルフリー治療ができるかというと、難しいと考えます。
Q.デジタルセラミックは前歯に使えますか?
A.残念ながらデジタルセラミックは前歯向けには提供しておりません。デジタルセラミックは技工士が作成するセラミックとは異なり、機械によって削り出されたものになります。そのため、若干適合精度が落ちたり、色味もやや単調になってしまいます。そのため、デジタルクラウンは目立ちにくい臼歯等にご提案することが多いです。
Q.金属アレルギーの検査はできますか?
A.金属アレルギーの検査は歯科ではできません。金属アレルギーのパッチテストは医科領域の検査となるため、皮膚科等にて受診頂く必要があります。かかりつけの皮膚科がある場合はそちらに金属アレルギーのパッチテストができるかお問い合わせ頂くか、こちらから紹介状をお出しすることもできます。また、金属アレルギーであると診断され、メタルフリー治療を受けられる場合は、金属を取り外す際に金属アレルギーの症状が強く出る場合があります。その際は予め皮膚科かからお薬を処方頂くなど、皮膚科との連携が必要になる場合があります。
Q.メタルフリー治療をすれば金属アレルギーの症状は治りますか?
A.口腔内の金属を取り除くことで、多くの場合金属アレルギーの症状は治まってきます。早い人であれば1〜2週間後には症状改善が見られる方もおられますが、中には1年程度かかるかたもおられます。しかし稀に症状が治まらないケースもあるようです。例えば詰め物や被せ物以外に、以前の治療で入れたセラミックの歯のコア(土台)が金属で、それが原因の場合や、歯の根の治療で使った薬剤(金属を含むものがあります)が残っている場合、あるいは口腔内以外に金属を使った治療がある場合などが考えられます。
また、金属を取り外す際に金属の粉塵が体内に入ったことで、しばらく症状が出続けることも考えられます。
いずれにしても、原因が口腔内であると考えられる場合は検査を徹底しますが、お口の中以外に原因があると考えられる場合は、医科へのご紹介となります。
Q.セラミックの歯の土台に金属が入っているのですが、金属以外に変えることはできますか?
A.はい。ファイバーコアという金属を使わない土台があります。ただし、コアを変える場合は被せ物のセラミックもお作り直しする必要があります。
Q.かなり前に銀歯を入れたのですが、最近アレルギーの症状が出てきました。銀歯が原因と考えられますか?
A.可能性はあると思われます。金属アレルギーはすぐに発症しない場合も多いです。特に歯科金属の場合は、口腔内にセットしてしばらくしてから溶け出し、イオン化したものが体内に取り込まれアレルギー反応が起きる場合も多いです。ですから、銀歯を入れたときは大丈夫でも、数カ月後や数年後にそれが原因で金属アレルギーの症状が出ることがあります。
Q.過去に食いしばりが強いのでセラミック冠は不向き言われましたが、メタルフリー治療は可能ですか?
A.可能な場合もあります。咬み合わせが強い場合は奥歯など食いしばりの影響を受けやすい歯はゴールド(金歯)が推奨されることが多いですが、ジルコニアセラミックというジルコニア(人工ダイヤモンド)で裏打ちしたセラミックを使用することで、強度のあるセラミック冠を入れることができます。ただし、ジルコニアセラミックを入れる際は、対合の歯に影響が及ぶことがありますので、咬み合わせを考慮して治療計画を立てる必要があります。まずはご相談にお越し下さい。
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

京阪楠葉駅ビル内の歯医者
枚方くずはアップル歯科

  • 〒573-1121 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 電車でお越しの方 京阪樟葉駅改札から徒歩30秒。改札前のエスカレーター登ってすぐ。
  • バスでお越しの方 京阪バス くずは駅下徒歩1分 京阪楠葉駅ビル2階へ。
  • お車でお越しの方 府道13号線経由で「楠葉」もしくは「楠葉南」から18号線へ入ってすぐ。
  • お車でお越しの方 駐車場・駐車サービス券のご用意はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2022 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top