精密根管治療

HOME > 自由診療 > 精密根管治療

精密根管治療(歯内療法)

精密根管治療

根管治療とは

歯の根の中には歯髄と呼ばれる歯の神経と血管の集合体があります。その歯髄が虫歯や外傷などによって炎症や感染を起こしてしまった場合に取り除く治療が必要となり、この治療を根管治療と言います。

炎症や感染を起こした歯髄は抜歯のリスクが高くなりますが、根管治療で神経や血管を取り除き消毒することができれば歯を抜かずに残すことができる場合があります。

根管治療は保険診療で治療することは可能ですが、東京医科歯科大学が行った日本の根幹治療の調査では、治療後に「根尖X線透過像」が多数確認されています。「根尖X線透過像」とは歯の根の先の膿です。つまり根管治療後に根の先が細菌感染を起こしたということになります。

日本の保険診療の根管治療は低評価でありアメリカなどに比べ処置料金が大きく下回ります。できる限りの治療を施しますが保険ルール上、出来ることに限りがあるのが現状です。そのため保険診療で根管治療を行った場合には再発する確率が約50%と言われています。

※1)根管処置歯における根尖部X線透過像の発現率

精密根管治療とは

精密根管治療は自由診療になります。保険診療による根幹治療では使用ができない器具や機器を使い、また時間をかけて施術を行い成功率を高め再発のリスクを低減します。歯の根の治療をして神経を取ったとしても、ご自身の歯を長持ちさせるためには有効な治療方法となります。

根管は複雑で湾曲していたり、とても細く清掃が困難です。また、キレイに根管を治療しても、お口の中には細菌が多くいるため、その細菌が入らないようにする必要があります。その中で成功率を上げるためには、このような根管でも治療ができる精密な器具や機器が必要になります。

精密根管治療の治療方法

当院では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)・CT撮影・無菌的処置などの精密な器具や機器を使用することで、根管治療の精度を高める精密根管治療(自由診療)を提供しております。

image

①歯科用CT

従来のレントゲンでは見えない小さな根管を形状を歯科用CTでしっかりと把握することで、根管の精度を高ます。CTは患部を輪切りにして診ることや様々な角度から患部を診ることができるため、早期の病巣も早く診ることができます。

image

②マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

肉眼で行う根幹治療では小さな根管や入り組んだ根管内の詳細を確認しながら治療することは困難です。マイクロスコープでは4倍〜20倍拡大することができ、肉眼では見落とす可能性のある小さな根管や複雑な根管を拡大した視野を確保しながら治療することができます。その中で細菌や汚れを除去することに加え、歯を削る量も最小限に抑えることができ歯が弱くなるのを防ぎます。

肉眼
マイクロスコープ
image

③ラバーダム除湿

目に見えない細菌がお口の中、唾液の中に多数存在しています。それらの細菌が治療した根管ないに少しでも入ると再発に繋がってしまいます。ラバーダム除湿は細菌感染の再発を防ぐために、薄いゴムをお口全体に広げ、根幹治療をする患部のみを見えるようにすることで細菌の侵入を防ぎます。

image

④ニッケルチタンファイル

根幹治療において、歯の神経を取り除く・掻き出すための治療器具をファイルと言います。保険診療で使用するファイルはステンレス製で、複雑に入り組んだ根管では柔軟性が足りず神経の取り残しや歯を傷つけてしまう可能性があります。

精密根管治療ではニッケルチタン製のファイルを使用します。ステンレス製に比べ柔軟性があり、入り組んだ根管に沿って奥まで届くので、歯を傷つけることや取り残しを防ぎます。

ご自身の歯を残すために

精密根管治療は自由診療になるため保険診療に比べ高価な治療です。ただし、現状の保険制度における根管治療では研究でも発表されている通り再発のリスクが高いことに加え、根幹治療の再治療は非常に困難です。

精密根管治療に治療結果における研究では、初めての治療の場合は歯根に病巣(病的な変化)がなければ90%以上の成功率、病巣があっても約80%の成功率ですが、再治療になると病巣なしは70~80%で病巣ありの場合は約50%と大きく成功率が下がることがわかっています。

根幹治療は最初の治療が重要になります。歯の神経を除去しても、ご自身の歯を長く保ちたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。カウンセリングにて精密な資料を基にしっかりとご説明させていただきます。

表2:Ng YL,Mann V,Rahbaran S,Lewsey J,Gulabivala K. 2007 Outcome of primary root canal treatement systematic review of the literatureより引用

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

歯髄温存療法

歯の神経を残したい方へ

歯の神経を残すための治療

歯髄温存療法とは

虫歯が進行し、歯髄という歯の神経に達した場合(もしくは神経の近くまで達した場合)、抜髄という神経を取る処置が必要となります。これは、神経にまで達した虫歯を歯の根や顎の骨まで進行させないためであり、神経を蝕むことによって生じる痛みを取り除くためです。

しかし歯の神経を抜いた歯は、血液や栄養分が行き渡らなくなるため、枯れ木のように折れやすい状態となってしまいます。もちろんコアと言う土台を入れることで補強をすれば、歯としての機能は維持できますが、生活歯(神経のある歯)に比べ脆くなったり、変色することもあります。

しかし近年では、虫歯が進行しても歯髄を残す治療も広がってきています。これを歯髄温存療法と言い、これまでは「抜髄」が必要であった歯でも神経を残せる場合があります。

MTAセメントによる歯髄温存

歯髄を温存するために、当院ではMTAセメントという歯科用セメントを使用した治療を積極的に取り入れています。

MTAセメントは殺菌効果がとても高く、虫歯の進行を停止させる働きや、歯髄を保護することできる特殊な歯科用セメントです。比較的新しい治療で臨床報告も多くはありませんが、論文では「歯髄炎」と診断された歯に対し、90%以上の歯髄温存の成功率を示しており、神経を残す方法として有効な治療の一つであると考えられます。

このMTAセメントを使用することで、虫歯が多少歯の神経に達していたとしても、神経自体に生活反応が残っていれば抜髄を回避できる場合があります。

MTAセメントで抜髄を回避できる範囲は限られてはいますが、これまでわずかに間に合わず抜髄となってしまったケースなど、神経を保存できる可能性が高くなりました。ただし、MTAセメントによる治療は公的保険の適用がない自由診療となりますので、抜髄か歯髄温存のどちらかの選択肢がある場合は、患者様とのご相談の上で治療するかどうか決めていただきます。

従来までの治療
MTAによる歯髄温存

※1)Farsi らは可逆性歯髄炎と診断された幼弱永久歯(30 歯,経過観察期間 2 年)で 93%の成功率,Bogen らは正常歯髄あるいは可逆性歯髄炎と診断された症例(53 歯)への最長 9 年の経過観察で,97.9%の成功率を報告している

MTAセメントの特徴

高い生体親和性

MTAセメントは歯の成分に含まれるカルシウムを中心としたセメントのため、生体親和性が高く害の少ない修復素材です。

高い密封性

MTAセメントは硬化する際に膨張するという特徴があります。硬化とともに密封性が高まることで、菌の繁殖を防ぐことができます。

高い殺菌効果

MTAセメントは強アルカリ性です。菌の多くは酸を好み、アルカリ性では生存できないため、歯や歯髄に付着した菌も死滅させることができます。

高い親水性

歯科治療は口腔内で行わられるため完全に防水するのは困難ですが、MTAセメントは親水性が高く、口腔内でもしっかり処置し硬化が可能です。

MTAセメントのデメリット

MTAセメントは歯髄を守る貴重な治療ですが、ベネフィットやメリットがあればリスクやデメリットもあります。

  • 適応症例は限られており、治療の可否には目視での確認が必要
  • 歯髄に達していない・わずかしか達していない場合でも生活反応がなければ抜髄になる
  • MTAセメントによる治療後でも、歯髄を温存できない場合もある
  • 歯髄温存後数日後〜数年後に突然神経が失活する場合がある
  • 自由診療のための費用負担が大きい

MTAセメントによる歯髄温存の費用

MTAセメントによる歯髄温存は公的保険の適用がない自由診療です

種類 説明 料金
MTAセメント
MTAセメントによる歯髄温存療法
露髄部への覆髄や治療、歯髄保護として主に使用する歯科用セメントを利用して、抜髄せずに神経を残す方法
治療期間…1日、治療回数…1回
※別途補綴の治療機関等がかかります。
50,000円(税込55,000円)
※別途補綴の費用がかかります
詰め物30,000円〜45,000円
(税込33,000円〜49,500円)
被せ物70,000円〜130,000円
(税込77,000円〜143,000円)

歯の神経を残したい方へ

歯髄温存というのは、タイミングの難しい治療です。例えば、MTAセメントで保存可能な状態であっても、通院している歯科医院がこれを取り扱っていなければ抜髄となってしまいます。

歯髄温存が可能かどうかのところで、「抜髄しますがよろしいですか?」という歯科医師からの問いかけに対し、「他の医院に診てもらってから決めます」というやりとりがあってはじめて歯髄温存を検討できるタイミングとなります。

そのため、歯に違和感や痛みを感じ、「もし神経を取ると言われたら」というシチュエーションを想像しておかなければ、そのまま神経を失ってしまう可能性もあります。また、歯髄温存の大切さや存在を知らなければ、そのまま神経を取る処置になってしまうこともあります。

当院では、MTAセメントを使えば歯髄が残せる可能性がある場合、まずは患者様にその可能性とメリット・デメリット、ベネフィットとリスクをご説明し、患者様にその治療を受けるかどうか、相談の上決めていただきます。

ただし、歯髄温存は自発痛という、常に痛みを感じるような状態になった場合は、施術が困難な治療です。早めの判断が神経を残す大きなポイントとなりますので、歯に違和感を感じたら、お早めにご相談下さい。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

精密根管治療のQ&A

精密根管治療について患者様からよくある質問

Q.精密根管治療は保険の根管治療はどう違いますか?
A.再発リスクや歯の寿命に関わってきますが、一口に「これだけ違う」というのは言いにくい問題です。よく言うのは保険の治療は対処療法で、痛みを取ることが目的です。自由診療の精密根管治療は原因治療に近いもので、再発や炎症の原因となるものを徹底的に除去して、同じ原因でもう悪くならないための治療です。もちろん、だからといって100%再発しないというわけではありませんが、その確率は決して高いものではありません。
また治療法も「やること」は同じでも「やり方」や「道具」が異なります。精密根管治療はラバーダム防湿でしっかり防湿し、マイクロスコープを除きながら、ニッケルチタンファイルで複雑な根管も済までキレイにします。1回の治療時間は長くなりますが、通院回数は大幅に減ります。
神経を失った歯を長持ちさせたいという場合に、よくご提案する治療です。
Q.精密根管治療の治療回数は何回ぐらいですか?
A.根管治療に関しては、1回で終わることが多いです。1回の治療で大目に時間(60分〜90分)を取って、キレイに・丁寧に根管をキレイにします。ただし、その後に型取りや精密仮歯などを作る場合などもありますので、トータルで3〜5回程度になります。保険の根管治療に比べると、半分かそれ以下の通院回数となります。
Q.MTAセメントは必ず神経を残せますか?
A.必ずとは言えません。実際に虫歯を取ってみれば、すでに神経が失活していたり、MTAでは対応できないほど神経が蝕まれているという場合は、MTAによる歯髄温存ができません。 また、可能性は高いものではありませんが、MTA治療をしたものの結果として失活(神経が死んでしまう)してしまうこともあります。そのため、事前に説明しますがMTAで神経が残せない場合は、精密根管治療になる旨をご了承頂く必要があります。(その際は補填として、精密根管治療からMTA治療の費用を差し引いて治療はさせていだきます。)
Q.歯の根の治療を精密根管治療にして、被せものを保険にできますか?
A.いいえ、精密根管治療をした場合は、被せ物も自由診療の選択肢から選んで頂く必要があります。保険治療には様々なルールがあり、自由診療と保険診療を織り交ぜた「混合診療」を禁止しています。そのため、歯の根の治療を自由診療で行った場合、被せ物も必然的に自由診療となります。
Q.精密根管治療をすれば、一生歯を残すことはできますか?
A.残念ながら、歯の神経を取ってしまうと、歯に栄養が行き渡らなくなり、枯れ木のように折れやすいものとなってしまいます。そのため、いくらキレイに・丁寧に精密根管治療を行ったとしても、将来的に破折するリスクは否めません。それでも、歯の根に膿がたまる根尖性歯周炎や、根管の再感染は大幅にリスクを下げることができます。一生残る確率も、その分だけ高くなると考えます。
Q.一度根管治療をした歯を、精密根管治療で再治療はできますか?
A.精密根管治療は神経を取ることを前提としておりますが、再根管治療を自由診療で受診頂くこともできます。方法はラバーダム防湿・マイクロスコープ・ニッケルチタンファイルを使った精密根管治療と同様の方法となります。
Q.精密根管治療の後にしばらく痛みが続いていますが失敗ですか?
A.痛みが出たからと言って失敗ではありませんのでご安心下さい。根管治療は神経を除去する治療です。神経は歯の中に埋まっているものではなく、その下の顎の骨の方の神経と繋がっています。根管治療によってそれを歯の根のところで切断するわけですから、断面が歯の根に残っていることになります。皮膚を刃物で切ると、その皮膚がくっつくまでチクチク痛むように、切断された神経も傷が癒えるまではしばらく痛みが続きます。ましてや皮膚ではなく痛みを感じる神経を切るわけですから、その痛みは皮膚より痛く感じることもあるかと思います。根管治療の成否については、経過観察でしっかり診させいていただきますので、気になることがあれば何でもご相談下さい。
この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

自由診療|精密根管治療の費用

【自由診療】精密根管治療の費用

種類 説明 料金

歯髄温存療法(MTA)
むし歯が歯髄付近まで進行した際、通常は抜髄が必要な歯に対して、感染した歯髄のみを除去し、MTAセメントという歯科用の水硬性セメントで覆うことにより、歯髄を残し歯を保存する治療です。
※別途詰め物30,000円〜45,000円もしくは被せ物70,000円〜130,000円税込77,000円〜143,000円が必要となります。
50,000円
税込55,000円

精密根管治療(自由診療)
ラバーダム防湿を行った上で、マイクロスコープ用いて小さな根幹も逃すことなく、またNi-Tiファイルという弾力性のあるファイルで複雑な根管の先まで、精密に治療を行うことで抜髄後のトラブルや虫歯の再発リスクを軽減する治療です。
※別途補綴(詰め物・被せ物)の費用が必要となります
前歯~小臼歯 50,000円
税込55,000円
小臼歯~大臼歯 100,000円
税込110,000円

京阪楠葉駅ビル内の歯医者
枚方くずはアップル歯科

  • 〒573-1121 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 電車でお越しの方 京阪樟葉駅改札から徒歩30秒。改札前のエスカレーター登ってすぐ。
  • バスでお越しの方 京阪バス くずは駅下徒歩1分 京阪楠葉駅ビル2階へ。
  • お車でお越しの方 府道13号線経由で「楠葉」もしくは「楠葉南」から18号線へ入ってすぐ。
  • お車でお越しの方 駐車場・駐車サービス券のご用意はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2022 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top