歯が割れる・折れる歯根破折とは

HOME > くずはwiki歯ディア > 歯が割れる・折れる歯根破折とは

歯根破折とはどんな症状?

歯の根にヒビが入った状態です

あまり聞き馴染みのない症状かも知れませんが、歯根破折とは歯の根っこにヒビが入ったり、割れたり、折れてしまう症状です。

歯根が破折する原因はいくつかありますが、最も多いのは神経を抜いた歯の歯質が弱くなってしまうことです。神経が存在しない歯は、例えるならば枯れ枝のような状態であり、生きた枝のようなしなりがなく、折れやすくなってしまいます。

一方、神経がある天然歯は、しなる力があり歯ぎしりや食いしばりがあったとしてもダメージを吸収してすることができるため、まったく可能性がないわけではないですが多少のことでは割れません。

歯根破折は虫歯や歯周病などと同様に、決して自然治癒するこてゃありません。それどころか、破折の位置が悪い場合は抜歯が必要となります。だからといって抜歯をせずに放置してしまうと、折した歯は必ず感染源となるため、ひどい場合は入院治療が必要な症状を及ぼすこともあります。

歯根破折に気づくために

歯根破折の小さなサイン

歯の根は歯肉に覆われているため、ご自身が鏡で見て気づくことはほぼありません。

神経がある歯であれば耐え難いほどの痛みを感じますが、神経を除去している歯が破折した場合は痛みを感じにくい傾向があります。

そのため、発見が遅れてしまうことが多いため、被せ物(差し歯)が取れてしまったり、歯肉が赤く腫れているなど、ごく僅かでも違和感を感じた場合は迷わずすぐに歯科へいきましょう。

歯根破折は放置するほど歯周組織を破壊するため、早期発見が非常に大切です(※1)。

差し歯が取れた

歯肉が腫れている

※1)垂直歯根破折診断の重要性

歯根破折の症状

歯根破折は、気づきにくい場合もありますが、以下のような症状があります。

  • 噛むと痛い 普段は痛くなくても咀嚼時に痛む場合があります
  • 何もしなくてもズキズキ痛い 虫歯がなくて歯が痛む場合など
  • 歯茎に出来物 破折部位から感染するとサイナストラクトという出来物ができます
  • 歯肉の腫れ、出血、膿 部分的に歯肉に歯槽膿漏のような症状が現れることがあります
  • 口臭 細菌の増殖や膿からくる口臭が発生することがあります
  • 歯の動揺 歯がグラグラして、脱落しそうになります

歯根破折が起きやすいケースを知ろう

歯髄(神経)を失った歯だけでなく、虫歯などが原因で何度も治療を行い、切削を繰り返している歯は当然脆くなっていますので、破折しやすいと考えられます。また、スポーツや格闘技などによる外傷や、歯の根に金属のコアを入れている場合も破折リスクはあります。

これは金属は歯よりも硬い上に、弾性がないためです。(弾性のある材質でできたファイバーコアであれば、コアと歯の両方にダメージを分散することができるので、金属よりも破折リスクは低い傾向にあります。) また、歯の神経をとっていない歯であっても、外傷や歯ぎしり・食いしばり癖などによって歯に負荷を与えてしまうことで破折する可能性も十分あります。

歯根破折を起こさないための予防方法

歯根破折は抜歯となる確率が高い症状です。歯は一度抜いてしまうと二度と生えてくることはないですし、差し歯(被せ物)やインプラントなど機能性・審美性に優れた人工物はありますが、天然歯に勝るものはありません。そのため、差し歯(被せ物)をしている方はもちろん、歯ぎしりの癖がある方は対策を講じましょう。

①マウスピース使用

睡眠中に歯ぎしり・食いしばりの癖がある方は、ナイトガードというマウスピースで歯をダメージから保護しましょう。ナイトガードは歯科で患者様にあったものを作りますが、基本的に保険が適用されるので費用は3,000〜6,000円前後となります。

また、スポーツなどで激しい運動をされる方は、スポーツマウスガードというマウスピースを使用して外傷から歯を守りましょう。スポーツマウスガードも歯科で作ることができます。

②咬み合わせ治療

上下の顎の位置が良くないと、見た目の問題だけでなく、歯に対して過剰に負担をかけてしまい、破折する可能性があります。咬み合わせが正しければ、咬む力を均等に分散しやすくなり、破折リスクを低減できます。

咬み合わせを治すことで、歯磨きなどの手入れがしやすくなり、虫歯や歯周病対策にもなります。咬み合わせ治療には、歯列矯正が必要な場合もありますが、まずは歯科でご自身の咬み合わせや顎の骨の状態を検査・診断してみましょう。

③ファイバーコア

被せ物の土台を、硬い金属ではなく、柔軟性の高いファイバーコアにすることで破折リスクを低減できます。

ファイバーコアは歯根破折だけでなく金属アレルギーの心配もありません。また、金属のコアのように劣化して溶け出したもので歯肉に色が着いたり、歯肉から透けて黒っぽく見えることもありません。ファイバーコアは保険でも治療可能ですが、歯質が薄い場合は適用されません。

神経をとった歯がある方、もしくはこれから神経をとる方は、ご検討ください。

歯の根が破折すると必ず抜歯しなくてはいけない?

抜歯しなくてもいい場合も

垂直歯根破折はほぼ抜歯となりますが、破折が歯根の浅い場所でのみ割れている場合は歯を保存できる可能性があります。

破折=(イコール)抜歯ではありませんが、無理な歯の延命はかえって周りの歯の健康を害す恐れもあります。

歯根破折接着修復法という破折部位を接着剤で止める方法もありますが、こちらは予後が良くないこともあるため、当院では容易に行いません。それをすることで、長期的な経過観察を余儀なくされること、あるいは通院が途絶えた後に歯の周辺の骨が失われていく可能性があるためです。

抜歯と言われるのは嫌なお気持ちはわかりますが、破折した際はその歯について、しっかり相談して治療法を検討する必要があります。

この記事の編集・責任者は歯科医師の西森智です。

タグ: , , , ,

歯が割れる・折れる歯根破折とは | 公開日: 2022/10/24 | 更新日: 2022/10/24 | by 枚方くずはアップル歯科

このページの関連記事

京阪楠葉駅ビル内の歯医者
枚方くずはアップル歯科

  • 〒573-1121 枚方市楠葉花園町14番1号京阪くずは駅ビル2階
  • お支払いには各種クレジットカード・電子マネーが利用出来ます。
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関のご利用が便利です
  • 電車でお越しの方 京阪樟葉駅改札から徒歩30秒。改札前のエスカレーター登ってすぐ。
  • バスでお越しの方 京阪バス くずは駅下徒歩1分 京阪楠葉駅ビル2階へ。
  • お車でお越しの方 府道13号線経由で「楠葉」もしくは「楠葉南」から18号線へ入ってすぐ。
  • お車でお越しの方 駐車場・駐車サービス券のご用意はございませんのでご了承下さい。

他のエリアでもアップル歯科の治療を受けられます

アップル歯科グループ

大阪市北区 梅田周辺で歯科をお探しなら

梅田アップル歯科

梅田アップル歯科 梅田アップル歯科
  • 大阪市北区芝田2-1-21 大阪髙橋ビル5階
  • TEL06-6371-0418

大阪市中央区 難波周辺で歯科をお探しなら

なんばアップル歯科

なんばアップル歯科 なんばアップル歯科
  • 大阪市中央区難波千日前15-15 BRAVE難波503
  • TEL06-7777-0200

兵庫県 尼崎市周辺で歯科をお探しなら

アップル歯科尼崎駅前

アップル歯科尼崎駅前 アップル歯科尼崎駅前
  • 尼崎市長洲本通1-4-18 ヴィラレオーネ1F
  • TEL06-7777-3748

兵庫県 神戸市 中央区周辺で歯科をお探しなら

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科
  • 神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
  • TEL078-200-6802

兵庫県 明石市周辺で歯科をお探しなら

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科
  • 明石市大久保町高丘3-3-1
  • TEL078-935-4182

兵庫県 加古川市周辺で歯科をお探しなら

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科
  • 兵庫県加古川市平岡町土山909-33
  • TEL078-942-4185

Copyight© 2022 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top